« 【アホ記事】変な照明環境でフィギュア撮影、その1 | トップページ | ダイソー「ソフトアイス枕」の女の子がかわいい »

【アホ記事】変な照明環境でフィギュア撮影、その2

ちょっとした気の迷いで、小さな鏡を4枚買ったので、梱包テープで箱を作り、中にフィギュアを入れてみました。

底・左右・背面の4面に鏡を使い、天井は発泡シートでディフューザー代わりに、前面は仕方ないので白い紙でふさぎました。

天井のディフューザーの上から、白熱灯60W相当の電球形蛍光灯1灯(東芝ライテックのネオボールZ 昼光色)で照らしただけで、驚くほど明るい写真が撮れます。
Dscf4020
撮影時に+2/3ステップの露出補正を掛けただけで、撮影後は全く無加工なのですが、色がはっきりとして綺麗です。

顔の明るさも適度。
Dscf4020_2
4面ミラーという異様な環境にも関わらず、陰影は割と自然。

今回は鏡のサイズが小さく、構図的に苦しい物がありましたが、ねんどろいどなどのSDフィギュアなら問題なく撮影できそうです。たまに使ってみようと思います。

フィギュア撮影のまじめな記事【簡単】フィギュア撮影用レフ板を、1枚100円で作る(両面レフ:白/銀)

|

« 【アホ記事】変な照明環境でフィギュア撮影、その1 | トップページ | ダイソー「ソフトアイス枕」の女の子がかわいい »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アホ記事】変な照明環境でフィギュア撮影、その2:

« 【アホ記事】変な照明環境でフィギュア撮影、その1 | トップページ | ダイソー「ソフトアイス枕」の女の子がかわいい »