« 2016年8月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年9月の3件の記事

【PC不具合】CPUクロックが上がらない

使っているノートPCで、CPUクロックが最低で固定されてしまい、負荷をかけてもクロックが上がらない不具合に遭遇したので覚え書き。

環境

  • 機種
    FUJITSU LIFEBOOK WS1/W (SH90/W相当)
  • CPU
    Intel 第6世代 Core i5 6200U (Skylake-U)
  • OS
    Windows 10 Home 1607 64bit
  • 電源
    ACアダプタ駆動

と書きましたが、おそらくIntelのEIST搭載CPU(つまり現役PCのほぼすべてが該当)であれば、Windowsのバージョンに関係なく、PCのメーカーに関係なく類似の現象が発生する可能性があります。

症状

CPUクロックが0.36GHz(タスクマネージャーでの表示)から上がらず、PCの動作が重くなった。再起動しても改善しなかった。
ACアダプタを取り外してバッテリー駆動させると、クロックが正常に上下するようになった。ACアダプタを再度取り付けてもクロックは正常に上下したが、再起動すると再びクロックが上がらなくなった。

ネットで調べてみた

「Windows10 CPUクロック 上がらない」で検索したところ、類似例が何件かヒットしました。

などなど要因は様々で、単一の原因ではなさそうです。
ですが、発熱か省電力関係の不具合ではありそうです。

  • 発熱が原因の可能性→無さそう
    最低クロックで動作しており、GPUもバランス設定で特に負荷を掛けていない。実際にCPUファンも停止か低速でしか動作しておらず、発熱が原因とは考えにくい。
  • 電源が原因の可能性→わからん
    試すの面倒だし、hpのスマートACアダプタみたいにインテリジェントな電源じゃないから後回しで。
  • ソフト的な要因?
    Windowsの電源オプション、BIOSにはそれらしい設定項目なし…
  • 原因は「FUJITSU バッテリーユーティリティ ECO Sleep 低待機モード」だった
    通常モードに戻したら正常にクロック上下するようになりました。
    低待機モードはシャットダウン時の待機電力が小さくなるモードなのですが、設定の組み合わせによっては効果が出ないという中途半端な機能なので、使用せず通常モードにしてくのが正解です。

まとめ?

PCのメーカーや機種に関係なく、また原因にも関係なく、ACアダプタだと症状が出るけどバッテリーだと正常になるとか、その逆も考えられますので、とりあえずACアダプタを抜き差しして症状が変化するか確認されることをおすすめします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アニメに登場する椅子(OAチェア)を探す

アニメ アイドルマスター シンデレラガールズの放映時、劇中に登場する物品の特定がそこそこ流行っていたので、他のアニメでも当然のように特定している人が居るだろうと思っていました。
意外と居ませんでした…

SHIROBAKO

アルターから安原絵麻のフィギュアが発売されるのですが、原画の作業部屋で使っているらしい立派な椅子が付属しているので気になって調べて見ました。

画像から分かる特徴

  • 背もたれ
    ブルークッション ミドルバック
    背面は樹脂で上端まで覆われている。
    背もたれ下端が座面より低いのが特徴的。
  • 座面
    ブルークッション
  • フレーム
    ブラック、ブラック樹脂脚

考えられる製品

  • Steelcase Apt
    アニメ準拠で背面に水平ラインがあるものだとSteelcaseのAptでしょうか。
    Apt
  • 内田洋行 カリッサ
     フィギュア準拠で背面に水平ラインがないものだと内田洋行のCARISSAチェアのクロスタイプでしょうか。ただ、背面樹脂が角張りすぎているようにも思います。

わからない

丁度良い物が見つからなかったけれど、Steelcase Aptのような気がする。似たような背もたれ形状は内田洋行に多いのでカタログに載ってないモデルという可能性もあるか?

続きを読む "アニメに登場する椅子(OAチェア)を探す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VGAケーブルのコネクタ部をスリム加工してみた

ノートPCのVGA(アナログRGB)出力端子とHDMI端子って、隣り合って配置されている事が多く、どちらかにケーブルを接続すると、もう片方にはケーブルが接続できなくなりますよね。

Vga01

VGAケーブルのD-subコネクタ左右に付いている固定用ネジが邪魔になっています。

エレコムから固定用ネジの付いていないコンパクトコネクタD-Sub15ピンケーブル「CAC-CBKシリーズ」と「CAC-CBKRSシリーズ(CAC-C15BK/RS等)」が発売されていますが、手持ちの余ったケーブルで真似して自作してみました。

※ この記事をもし真似される場合、自己責任でお願いします。

用意するもの

  • VGA(アナログRGB)ケーブル
    コネクタが柔らかい樹脂で出来ているものの限ります
  • カッターナイフ(大型刃)
  • ハンマー(金槌)

手順

  1. ケーブルブッシングと固定ネジの間をカッターナイフで切ります。
    切り進めるとカッターナイフで切れない金属(シールドカバー)にぶつかりますので、無理に切り進めず、金属の外側を切ります。
  2. 樹脂を切り落とすと、コネクタ先端に耳が残りますので、ハンマーで折り曲げます。
  3. 完成!

Vga02

Vga03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年12月 »